DSCF3150.JPG

時間がある休日の朝なんか、誰もご飯の仕度をしないので、土鍋で炊飯をしてみた。

大まかな流れは次のとおり。

  1. 土鍋内で米を洗う。
  2. 20分ほど水に漬ける。
  3. コーヒー淹れて、ピアノの練習をする。
  4. 20分後、中火で沸騰させる。
  5. 沸騰したら15分ほど弱火で炊き込む。
  6. 10分ほど蒸らす。
  7. 全体を混ぜて美味しく頂く。

1.土鍋内で米を洗う。

使う土鍋は専用のものでなく、普段の鍋で使っている、普段の土鍋。この中で直接、米を洗う。前回の焦げなどもその時洗い流せる。合理的。


2.20分ほど水に漬ける。

今回は5合炊き。水加減は、1合につきおおよそ210mLで。それをセットし、先ずは放置プレイ20分。米に水を吸わせる放置プレイ。


3.コーヒー淹れて、ピアノの練習をする。

その間、コーヒーなり、ピアノ練習なり行えば充実した休日の朝になる。ハズ。


4.20分後、中火で沸騰させる。

20分後、いよいよ炊飯。まずは沸騰するところまで。ここで焦って火を強くすると、おこげさんが増えるだけなので中火の弱寄りが良いです。


5.沸騰したら15分ほど弱火で炊き込む。

DSCF3152.JPG

沸騰後、一度蓋を開けて、しゃもじで全体をかき混ぜる。で、トロットロの弱火で15分ほど炊き込む。

DSCF3153.JPG

7分後くらいに再度蓋を開けて、全体をかき混ぜることにより、周囲まで一体的に炊き込むことができる。


10分ほど蒸らす。

DSCF3154.JPG

火を切り、またまた全体的に混ぜたのち、ムラムラ蒸らす。


全体を混ぜて美味しく頂く。

DSCF3155.JPG

つーか頂いた。

土鍋で炊飯、意外に簡単にできるのでお試しあれ。