ネットバンキング始めた→ネット環境のセキュリティ気になった→evernoteのログイン設定でセキュリティ強化した→安心。→で、evernoteって永続するの?

「evernote 消耗してるの?」で検索した結果、消耗本家ヒットせず。一安心。

前回、evernoteのセキュリティを上げて(ログイン管理しただけ)まだまだ使うぜえええええええムハムハムハムハ!!!!

と、鼻息荒くなっていたトコロ、例のsoundcloud騒動が。「儲からないんで50日後にサービス止めるよー」って噂が全世界を飛び回ったアレ。はぁ。evernoteの最近の仕様変更とか見ていると完全に他人事と思えなくて震える。


代替サービス

震えていても仕方がないんで、代替サービスを検索した結果、だいたい以下の4つが。※だいたい無料に限る。

  1. Micrsoft代表、OneNote
  2. apple代表、icloud
  3. Google代表、keep
  4. Amazon代表、drive

まず、スマホがエクスペリアでアイホンにする予定が皆無なんでicloudはナシ。次に、グーグルさん。急にアプリサービス中止するので、勿体ないけどkeepもナシ。

残るはOneNoteとAmazonDrive。容量はどちらも5GB。ん?5GB?メモ以外にも画像などを入れる使い方をすると、少ない気が。


結局どーすんの?

結局のところ、evernoteの容量無制限の凄さが実感した結果でした。でもアレですね。なんでそんな凄いサービスのevernoteが右肩下がり(勝手に)になってるのが想像つかない。

想像つかないんでググった結果、evernoteの弱点が見えてきた。

  • 無料プランでは使えるデバイスが2個限定。(webサービス除く)
  • 起動、同期、検索がもっさり。
  • 使い方が自由過ぎてカオス。

使えるデバイス2個縛り(無料プランに限る)

これは割り切りました。今んとこ、スマホと事務所PC縛りで不足なし。


動きがもっさり

これには慣れました。evernoteが遅いんじゃない。他が速いんだ。


自由過ぎてカオス

いやむしろ、書きなぐったメモにタグ付けてるだけなんで、そんなにカオスにもなっていないし、そんなに自由でもない気が。


まとめると

一般的な弱点が、自分にとっては弱点でないので、末永く無料サービスが続くことを祈るばかりです。

それと、google keepがいつまでも続くように生暖かく。