これがkick専用漢汁満載のアナログシンセ、JoMoX mbase11である。

DSCF3039.jpg

結局、electribe2でのkick作りは失敗に終わり、しゃーない、機材に逃げました。結果がコレ。mbase11。

バチバチ低音出るんで、調子乗ってkick作って、スタジオ入ってPAやってる友人に聴いてもらったら、何コノ下品なkickは。と。更に、3バンドのEQで華麗なkickに調整してもらいました。

学んだ事:いくら漢汁満載のシンセでも、ちゃんとした調整は必要。

なので、今のkick作りは、mbase11で骨身を作ってPCに取り込んで、EQで調整する。

ウーガンダーdj’s。今度スタジオで低音の鳴りを確認しよう。

mbase11を買う前にやったこと