酸化しにくい水筒がSTANLEYから発売された。

早速使ってみたら、これまでのステンレスボトルに入れていたヒーコーにゲザーするレベルだったので鼻息荒く紹介したいって話。


コーヒーを水筒に入れたら起きること

朝、美味しいコーヒーを淹れます。豆を挽いて、83度付近でのハンドドリップです。我ながら、美味しいです。(個人の感想です)

その美味しいコーヒー。一日中飲みたいです。サーモスとか、象印とかステンレス製で保温めちゃ効く水筒、格好よく言うとこのマイボトル、にコーヒー入れます。

仕事始め、マイボトルからカップにコーヒーを注ぎます。熱々です。飲みます。

酸っぱいナリ・・・・・


酸化

コーヒーは、時間と共に酸化して酸っぱくなるんだけど、金属と触れていると酸化がより進む気がする。(個人の感想です)それが原因で、ステンレス製の容器ではコーヒーを飲まなくなった。

家でも事務所でもコーヒーは専ら樹脂製カップか、陶器のカップ。

あー、昔みたいに、陶器製の水筒なんかあったら最高なんだけどなー。15分で割る自信もあるしなー。割れるわなー。と。


STANLEYがやってくれた

色々と、探し回っても陶器製で割れない水筒なんかはなく、保温性落ちるけども樹脂製でいいかー、なんて思いながら悶々としていたら、地元の後輩から、それだったらスタンレーのゴーシリーズのセラミックで解決じゃないですか?丁度、僕が働いているサンデーマウンテンに入って来たとこだし。買っちゃいます?

え?キミなにそのドストレートな解答。100点満点以外の何物でもないし、キミがサンデーマウンテンの中の人ってビビるし、スタンレーに俺の思いが届いていたなんてこの世界線も捨てたもんじゃないとか圧倒的厨二っぷりで超絶カオス。

そんなカオス的状況で近所のサンデーマウンテンに行き、鼻息荒く購入。


スタンレイ ゴーシリーズ セラミックフィニッシュ

  • 容量は700mL。コーヒー換算4杯強。
  • 内部にセラミバックというアクリル塗装が施してあり、これによりセラミック風味な口当たりとなっている。
  • コーヒーがステンレスに直接触れないので、酸化しにくい。

  • 蓋内部の上端は保温のために金属製となっている。
  • 蓋をカップにして飲もうとは思えない形状。カップは別に用意する必要がある。
  • シール付属。地味に嬉しい。


ゴーシリーズを使ってみて

83度のコーヒーを600mL入れて4時間後、少し冷めた程度で酸化は殆どなし。(個人の感想です)これは楽勝でデイリーユース出来るので、これから毎朝コーヒー600mL淹れるとか豆の消費量半端なくなる流れ。

久々にいい買い物したー。