A MAN of ULTRA ウルトラの男である。


小さい財布

1年程前に、それまで20年くらい使ってきた2つ折り革財布がお亡くなりになった。小端の縫い糸が切れて分解し始めたのだ。

そこで、新しい財布までの繋ぎとして、布製チャック付きの小さな袋を財布として使っていた。

最近は買い物の手法として、ネット通販が多い。そのため、以前程財布の重要性が高くない。

そこで、新たな財布は小さな物でいいと思い、山用の物や、女性用のがま口など、値段と機能を天秤に掛けて選んでいた。


abrAsus

アブラサス。油注す。注油。オイル。大事。

財布やバッグ等の革製品を扱う国内ブランド。

made in JAPANとは書いていないが、日本の革職人の手作りである。

それぞれの商品にちょっとした工夫があって、ブランドの思いがストレートに伝わる。

いわゆる、人にオススメしたいブランド。


ダダモデル

ダダ。

wiki先生によれば、ウルトラシリーズに登場する架空の怪獣・怪人。名前はダダイズムに由来。

ダダイズム。これまたwiki先生によれば、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想。

これはいかなあかんやろ。


届いた。

黒箱。この時点で既に小さい。

梱包物。

ブランド名のシールと本体と、ブランドの紹介冊子。シンプル。

開くと最下層にロゴ。シンプルでいい。

紐が通せる穴が一ヵ所。

小端という小端は全て処理がしてあり、美観、耐久性ともに高い。

縫い糸が切れたりほつれたりした場合、有償で修理してくれるらしい。糸ほつれなら540円~とか。

当然、万券があるときに撮影。ほとんど無いので貴重な写真。

見えるところ、全てが革の表面。裏面、いわゆるスウェードは見えない。ビビる。

カード入れに4枚入れた状態。本来は5枚入るトコロ。

田舎住みなので、運転免許証は必須。それに健康保険証とクレジットカード、JAF会員証。

カード入れの短辺寸法がジャストサイズより小さめなので、一枚でもガバガバ落ちることはない。

小銭入れに蓋はない。本体そのものが3ツ折となるので、本体を折りたためば小銭が落ちることはない。

が、小銭を出す時に、札が手前にデローンと覆いかぶさり、小銭出せねえよコノ野郎!となることがある。

これは慣れが必要。便利な機能を充分生かすために、工夫しながら使う。この流れ、なかなか良い。

肝心のダダ模様。これは革にプリントみたい。黒のラインがもう少し濃いといい感じなんだが、白地がそのうち汚れて全体的に暗くなるので、ラインの濃さなんて気にしない、こととする。


効能

届いてから10日程使ってみての効能。

  • ネタになる。
    小さいこと。ダダであること。ダダイズムとは。など、小ネタにもってこい。
  • 手ぶら感覚ハンパない。
    スマホと財布だけポケットに入れてカブでお出かけ。楽勝。まだ慣れていないので、どのポケットに財布を入れたか、確認が必要な程。楽勝。
  • 小銭の出し入れは慣れが必要。
    レジ時。後ろに人が並んでいると焦るタイプ。そんな時に、小銭を出したいのに札がペローンと前に垂れてくると小銭ぃぃぃぃいいいいいい!!!!!!!となり時間がかかる。慣れだ、慣れ。

なんか久々にトータルで良いものを買ってしまった感。大事に使いましょう。


↓ダダだけじゃなく、色々あります。

↓薄い財布ってのも。

↓純粋に小銭入れとかも。