コスパに優れた通勤車の比較

download.jpg

知らなかった。yamahaから電動スクーター”e-Vino”が発売されていた。欲しい。


欲しい理由

欲しいっつー理由は、化石燃料をダラダラと消費する現代社会に対してのアンチテーゼだぜええええええ!!!!!!!

とか、高尚な理由ではなく、単にランニングコストが安そうだからである。


比較

で、以下の車種で比較してみた。

  • 現在所有する軽自動車のタント
  • 電気自動車の日産リーフ
  • 電気自動車の三菱アイミーブ
  • 電気スクーターのyamahaイービーノ
  • 家に転がっているカブ(自動二輪免許必要)

000.jpg

通勤片道17kmでの比較である。本体価格を、現在のタントとのランニング差額で割り、何年でペイできるか算出した。(税金や保険代の差額など細かいことはナシで。)

結果、中免を取って、家に転がっているカブを乗るのが一番コスパが高いっぽい。


まとめ

現状比較なので、本体価格が掛からない(中免代)カブが一番優れていたが、実際劣化が少ないカブの中古を買っても結果は同じようなもの。

しかし、カブがペイ出来た翌年にはyamahaイービーノがペイ出来る。その先は年間2万の差額。ってことは、長い目で見るとyamahaイービーノが良いっぽい。

ただし、現状のバッテリー性能は17km/1本であるので、予備に2本持ち歩くこと必須であるが。

→中免とったったった


  2 comments for “コスパに優れた通勤車の比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です