スーパーカブ90にIRCのGP-5を入れた

カブの後ろタイヤを、DUNROP K98からIRC GP-5に入れ替えた話。


DUNROP K98 3.00-17 6PR

結局、実走行距離は6,670km。

スーパーカブ90カスタムに太いタイヤを入れた

父親から譲り受けてすぐにK98を入れたので、カブタイヤのデータが出たのはこれが初めて。

これが多いのか少ないのかは、これから判断。

ちなみに、前タイヤは相変わらず元気なんでそのまま使用。


IRC GP-5 80/90-17 44P

前回の記事で漢気溢れるGP-1か、ニュースタンダードのGP-5か、って迷っていたんだけど、結局無難なGP-5を選択。

カブのタイヤ選択

しかも、データ取りを優先して、前輪そのまま後輪だけ入れ替え。


ホワイトレター

毎回基本のホワイトレター。

ポスカ極細が調子いいってことがわかった。


サビ止め

前から気になっていた、リムとマフラーのビッカビカメッキ。

サビ止めと称して、黒く塗ることに決定。

サビ落としでゴシゴシこすって、ラッカースプレー(つや消しが望ましい)で塗装。

黒い。

リムも。

出来る範囲でサビを落とす。

ついでに、リアのハブダンパーも交換。ビフォーアフター。


タイヤ入れ替えの道具

タイヤ交換2回目でようやく分かった、必要な道具。


タイヤ入れ替えのコツ

取付時に、ちゃんとワックス塗れば無理なくハマル。

が、タイヤによって硬いのもあって、今回のGP-5はなかなか硬かった。

取付時は、返しなしのストレートタイプのストレートな方を使うんだけど、リムにそのストレートな方を引掛けて、90度弱持ち上げる。

90度弱持ち上げて、無理くりハメるんじゃなく、90度弱持ち上げた結果、ワックスがかかっているタイヤエッジが、リムにストンと落ち込む感覚。

これ大事。

無理くり90度以上に返すと、チューブがリムに引っ掛かって穴が開くパターン。

一番大事なことは、習うより慣れろ。


ちなみに空気圧

一人乗り:前 175kPa,1.75kgf/cm2,25PSI
     後 200kPa,2.00kgf/cm2,28PSI

二人乗り:前は一人乗りと同じ
     後 280kPa,2.80kgf/cm2,41PSI

タイヤ交換してから気付いたけども、空気圧下がってると、最高速は落ちるし、燃費も悪くなるので、定期的に空気圧確認が宜しいっぽい。


黒いマフラー、太いタイヤ、黒いリム

大変、格好よろしい。


  1 comment for “スーパーカブ90にIRCのGP-5を入れた

Comments are closed.