IMG_20170511_183436.jpg

メインシーケンスをabletonに移行しても、相変わらずmpcが好きだ。何故こんなに好きなのか。理由は以下のとおり。

  1. 無駄のない外観
  2. シンプルな構成
  3. 優秀なシーケンス
  4. 一昔前のガサツ感

1.無駄のない外観

もっているのは割と最近のmpc1000。最近の。それにしても外観は無駄のない武骨なもの。アレなLEDやアレな緑は一切なし。シンプルデザインに勝るものなし。


2.シンプルな構成

純正OS、JJOS問わず、構成は同じで、シーケンスの下にトラックがあり、トラックで使用する音源は、midiとサンプリングされたものを使うことができる。基本これだけ。


3.優秀なシーケンス

Laurel Haloも言っているが、mpcはサンプラーとして有名であるが、実はシーケンサーとしても優秀である。外部音源をmidiで繋ぎ、シーケンスを組むのがとても楽しい。


4.一昔前のガサツ感

銀河ボブさんも似たようなことを言っているが、mpcの音は「太い」わけではなく【ソフトの音】に比べると「丸い」と思っている。これはクラブやライブハウスなどの大音量で聴くと明らかに違う。ずーっとCDで曲を聴いていて、一曲だけレコードで聴いたときに感じるアレな感じと一緒。


がしかし、優秀なシーケンスであるが、編集や修正に関してはDAWには勝てない。勝てないというか、DAWが便利すぎてmpcでポチポチやってられない。そこは適材適所な訳で後日まとめ。

MPC1000のボタンを直す話

mpc1000ボタン修理2回目の話