昨日決めたマキタ製充電式草刈機MUR185UDRF(家庭用18V+電池2個+充電器=¥46,429)ってーのは高いの?安いの?トータルコストでエンジン2st式と比較してみた。


昨日、充電式草刈機についての比較を行った結果、36V(18+18)も18Vも機能的には充分であり、コスト比較により家庭用の18Vを採用すると結論つけた。

→マキタ製の充電式草刈機を比較した

で、イニシャルコストの¥46,429ってのは高いのか?安いのか?エンジン2st式とトータルコストで比較してみた。


1.比較条件

なんといっても充電池の寿命がネックになる。色々調べると500回程度の充電が可能らしい。バッテリーは1個で20分持つとして2個使うので、500回*20分*2個=20,000分。

トータル時間は333時間と20分。

自宅周囲に草刈りが必要な場所が4箇所あり、1箇所1時間として、年に3回草刈りすると仮定すると、12時間/年。これで333時間を割ると・・・・

うん。現実的じゃないのでトータル期間の詳細は無視しよう。

※世界のマキタ製なので修理代は掛からないものとしてガン無視。


2.充電式のトータルコスト算出

  • イニシャルコストは本体+充電池*2個+充電器で¥46,429
  • 電気代はナイトプランの昼価格24円/kWh
  • バッテリーは18V-3.0Ahで20分間使える

上記内容で1000回分の電気代を算出。

18V*3.0Ah/1000*24円/kWh*1000回=1,296円/1000回

トータルコストは46,429+1,296=47,725円


3.エンジン2st式のトータルコスト算出

  • イニシャルコストは本体¥19,900円
  • 混合比は25:1
  • ガソリン代140円/リットル
  • 混合オイル代1,000円/リットル
  • 燃費は1時間で0.5リットル消費

上記内容で333時間20分の燃料代を算出。

25リットル*140円+1,000円=4,500円/26リットル

→173円/リットル→87円/h

333h20m*87円/h=29,000円

トータルコストは19,900+29,000=48,900円


その差額48,900-47,725=1,175円/333時間20分。

かなり大雑把な計算であるが、僅かに充電式が安いことが判明。つかトントン。

トントンならばネタ的に新鮮な充電式にいくでしょおおおおおお!!!!!!!熱いうちにポチっとこう。

刈った雑草の処分