ableton live max for live をどう買うか

ちょっとした理由から、ableton liveのmax for liveが必要になってきた。

abletonのサイトで見ると、max for live、21,800円。昨今、wavesの80%OFFセールだ!DMMの10円セールだ!と、やってるなか、この価格。強気である。

で、ふと上位グレードのableton live suiteを覗いてみると、あらヤダmax for live入ってるじゃない。しかも価格が33,800円。(standardからのアップグレード価格)

悩むじゃない?

ここ悩みどころじゃない?

以下で価格差を整理。


価格差に含まれるもの

単純な価格差は12,000円。これに含まれるものは以下のとおり。(suiteからmax for liveとstandardを除いたもの)

  1. 1,900を超えるサウンド(43GB)
  2. 6*ソフトウェア・インストゥルメント
  3. 3*オーディオ・エフェクト

1. 1,900を超えるサウンド(43GB)

abletonのサイト、違いを明確に示してくれて超優しさ世界級。

ラテンパーカッション、オーケストラのベース、マレット、ストリングス、木管楽器、レトロなシンセ、samplification?(サンプリングスキルを高め、samplerの可能性を拡げる何か)、ドラムサンプリングが4つ。

うーん、どーでしょー。長嶋氏ゲオ並の声が出る内容。あったら嬉しいけど、なくっても何とかなる内容。

うーん、どーでしょー。


2. 6*ソフトウェア・インストゥルメント

アナログシンセ、パーカスシンセ、EPシンセ、FMシンセ、サンプラー、ストリングシンセ。

もーね、これ書いた瞬間に決定ですね。パーカスシンセ、EPシンセ、ストリングシンセの各単価10,800円。これだけでお腹一杯。


3. 3*オーディオ・エフェクト

アンプエミュレーター、共鳴エフェクター。

そーか。そんなんもあるのか。って温度。


答え

max for liveが必要。それに加え、パーカスシンセと、EPシンセ、ストリングシンセが63%引きになってお買い得!

って言われたらsuiteに決めるでしょ。しゃーないよね。必要なんだからしゃーないよね。

そしてsuiteで操作するmbase11の話


  2 comments for “ableton live max for live をどう買うか

Comments are closed.