DSCF3209.JPG

スマホって4年くらい余裕で使える。そう、xperiaならね。

以前、xperiaのso-02eが調子悪くて窓から放り投げる寸前に、アレコレ初期化したり削除してご機嫌伺いをしてみたら、完全に調子を取り戻し、全く問題がなくなった。テザリングとカメラ内部のチリを除いては。

webで調べたら、当時価格は77,280円。ドコモ割引で30,000円くらいになってたところを、格安simに乗り換えたので2年縛り途中解約の違約金30,000円程支払った記憶が。とにかく、本体価格は77,280円である。2013年の4月に購入したので丸4年使っている。

無粋であるが、月額に直すと77,280円/4年/12ヶ月=1,610円/月。安い。月1,600円程度であんな所であんなサイトであんなことや、こんな所でこんなサイトでこんなことや色々むにゃむにゃである。

が、である。ブログを趣味としていると、当然気になる端末がある。そう、固定キーボード無双のBlack Berryである。むはーむはーと覗くサイト→旅するブログLEOLOG

上のレオログさんでも言われているとおり、端末の格好良さではクラシックがダントツだ。ダントツであるが、OSがブラックベリーのものであり、android系アプリも動くけど動かないものもあるよー、とのこと。

実際のトコロ、Xperiaで使っているアプリは極わずかであり、googleアプリ以外ではツーチャンネッツブラウザと純正ツイッターとamazon musicくらい。基本、アプリに課金はしない素敵漢汁スタイルだ。

そんな素敵漢汁スタイルなんだけども、gmailをはじめ、ツベやマップ、フォト、カレンダーといった便利アプリをgoogleに依存しているので、android系アプリは100%動かないと生活が成り立たない。いや、言い過ぎである。ちょっとは動いてくれないと、スマホの存在意義が薄れていくのである。

そんな漢汁スタイラーに朗報だ。「BlackBerry KEYone」である。キーワン、貴一である。ミキプルーンの貴一と覚えると忘れにくい。

OSはandroidで無双キーボード付き。cpuやらメモリやらは今風で値段549ドル。問題は、日本未発売っぽくスマホ屋さんが流通はしてくれると思うが、技適どーなのよ?と。

と、XPERIAさんがこっちを見てるのでそろそろ。

そんな元気だけが取り柄のXPERIAさんを調子に乗って壊しちゃった話