magic trackpad2を使ってDTM

思うトコあってmagic trackpad2を購入した。

PCのポインティングデバイス。一般的なのはマウス。

が、なんとなくマウスをガチャガチャ動かすのが嫌で、仕事でも家でもトラックボールを使っている。

Logicool M570
Kensington SlimBlade

ので、DTMもトラックボールでスイスイクルクルやっていたのだけども、少し前に、知り合いの寺でDTMミーティングを行った際、これでいいのか自問自答が発生した。

まぁ、寺だけに。


トラックボールの利点

トラックボールの利点は、上にも書いたとおり

  • マウスをガチャガチャ動かさなくていい。省スペース。
  • 親指や中指でボールをスイスイクルクルするだけ。省エネルギー。

いいこと尽くめ。

こんな、いいこと尽くめなデバイスの、どこに不満が出たのか。


mac book proとの相違点

答えはコレ。

単純に、どんな環境であっても操作性は統一したい!って思い。

知り合いの寺でDTMミーティングした際、持っていく荷物を減らそうとトラックボールを置いて行った。

結果、mac book pro のトラックパッドを使ってのDTMって新鮮だ!

新鮮っつーか、意外に不満ないんで、これでいいんじゃないの?

と。


magic trackpad2導入

解決策は、トラックパッド導入。

bluetooth接続なのでテーブル上のスパゲッティ化も少しは緩和される。


DTMとの相性

拡大縮小や、ピアノロールでC3からC0への移動(ポジショニング?)など、異次元の操作性。ゴイスー。

正に、タッチパネル感覚で操作できる。

ゴイスー。


おしい点

しかし、使ってみて気付いた点がある。

  • クリック感。

クリック深さは設定できるんだけど、なんというかクリック時の素材感。

mbpは薄いフィルム状の表面に対して、トラックパッド2は板感が半端ない。

板感が良いのか悪いのかは個人の判断。

  • 指の置場

ポインター移動やクリック、ドラッグは、指一本。

スクロールや拡大縮小、右クリックは指二本。

画面切り替えなどは指三本。

便利機能などは親指+指三本。

指一本使用のとき、指二本用のサブ指の待機スタイルをどうするか。

(言っている意味が分からないっぽい。伝わりにくいっぽい。)

サブ指である中指と薬指の休憩場所がないのである。

マウスやトラックボールでは、躯体の上に指を置いておけばいいのだが、トラックパッドでは、指の置き場所がないのである。

常にプルプルと宙を彷徨っている状態。しまいにツルわ。

ので、今のトコロ、広いトラックパッドの右下を通常使用箇所と定めている。そうすると、一本指使用時のサブ指はトラックパッド外で休憩しておいて、ココゾ!という時にウラーっと、みなぎってもらう。

この使い方に必要なのはポインターの速度。広いトラックパッドの一部分しか使わないのでポインター速度を上げている。

しかし、変な使い方。

トラックパッド3ではその辺りの改善を希望しつつ。

APPLE MAGIC TRACKPAD 2posted with カエレバ

楽天市場 Amazon Wowma